全米人気No.1の自動車サイト - Autoblog 日本版

注目 の情報 …

最新記事数:7 (過去24時間以内) 閉じる

PR
【PR】『Passat』シリーズに内外装や機能装備を充実した「TSI Eleganceline」を新設定

  • PR
    【PR】『Passat』シリーズに内外装や機能装備を充実した「TSI Eleganceline」を新設定
  • PR
    【PR】新自動車番組『グランド・ツアー』のAmzonプライム・ビデオ独占配信開始を記念して、上映イベントが開催!
  • Featured
    【試乗記】テスラ P90D Ludicrous 、そろそろしゃべっても良い気がする(笑):山田弘樹
  • PR
    【PR】LAオートショーでマツダ新型 CX-5を発表、開発者に話しを聞いた!
Etc
2016年12月04日 19時00分

三菱の2002年型「ランサー OZ ラリー・エディション」を、米国コロラド州の廃車置場で発見

三菱の「ランサー OZ ラリー・エディション」は、スポーティなOZ製ホイールと「ランサー エボリューション」に似たボディの装飾で"速そう"に見えるクルマだった。しかし実際は、通勤用のクルマとして利用される平凡な「ランサー」と同じで、ボンネット下には最高出力120hpの4気筒エンジンを搭載した前輪駆動のクルマに過ぎない。米国コロラド州デンバーにあるセルフサービスの廃車置場で、使い古されたその1台を見付けた。...
続きを読む »
Featured
2016年12月04日 18時00分

出かける前に、猫バンバンやってますか!? 今年も日産が「#猫バンバン」プロジェクト実施中!!

日産は、車のエンジンルームやタイヤで猫が被害に遭う事故の未然防止のために2015年から「#猫バンバン」活動を推進しており、2016年1月26日より「#猫バンバン プロジェクト」を立ち上げている。 「#猫バンバン」と聞くと、猫をバンバンたたく!? と誤解されそうだが、もちろんそのようなことはしない。 画像のように自動車のエンジンや下回りの隙間に入ってしまった猫に、こちらの存在を気付かせるために、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩き、車体を揺らすアクションのこと。ボンネットコンコンとも言える。…
続きを読む »
Video
2016年12月04日 10時00分

【ビデオ】ブレーキの重要さを再認識できるカート場のクラッシュ映像

伝説のレーサー、マリオ・アンドレッティはかつて「F1レベルのドライバーも含め、多くのドライバーがブレーキはクルマの速度を落とすためにあると考えていることは驚きだ」と語っている。この動画に映るドライバーもアンドレッティが言うように、コーナーに入るときに左足でカートのブレーキをきちんと踏み込まなかったようだ。...
続きを読む »
Official
2016年12月04日 08時00分

ホンダの燃料電池自動車「クラリティ フューエル セル」が欧州に上陸

ホンダ「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」(以下、クラリティFC)が公式に欧州に上陸した。ホンダは11月29日、欧州連合(EU)が主導する「HyFIVE(Hydrogen For Innovative Vehicles)プロジェクト」の一環として、自社初の燃料電池自動車(FCV)の販売を欧州で開始すると発表。この「クラリティFC」の最初の6台を入手できるのはロンドンかコペンハーゲン在住の顧客になるという。...
続きを読む »
Video
2016年12月04日 06時00分

【ビデオ】テスラ「モデル S」でバッテリー残量の表示が「0」になってからどれくらいの距離を走れるか実験!

給油ランプが点灯してガス欠ギリギリの状態でどれくらい走れるかという議論は、これまで散々やってきた感があるが、果たして電気自動車の場合はどうだろう? テスラ「モデルS 85D」のデンマーク人オーナーが、同車のバッテリー残量が「0」と表示されてから、最寄りの充電ステーションまでどのくらいの距離なら走って行けるかを試した。...
続きを読む »
Report
2016年12月03日 19時00分

トヨタ、今度こそ本気で電気自動車の開発に取り組む

トヨタは先日、電気自動車(EV)の開発を担う"社内ベンチャー組織"の発足を発表し、EV業界に大きく攻め込む姿勢を明らかにした。水素燃料電池自動車の開発に取り組んできた同社からはここ数年間、EVに関しては口先だけの言葉ばかりを聞いてきた。しかし、トヨタが発表したこの新たなEV部門を率いる人物を見ると、同社がついにプラグイン車の開発に本腰を入れる気になったことがわかる。なぜなら、その新リーダーが、トヨタ創業者である豊田喜一郎氏の孫、豊田章男氏だからだ。代表取締役副社長の加藤光久氏と寺師茂樹氏もこの新たなEV部門に関わるようだ。章男氏は、2009年よりトヨタ自動車の社長兼CEOを務めているた...
続きを読む »
Official
2016年12月03日 10時00分

マクラーレン、「570S」がサーキットでさらに速くなる新オプション「トラックパック」を設定

マクラーレン「570S」はそのままでも十分スポーティだが、この英国のスーパーカー・メーカーはさらなる改善の余地があると判断したようだ。その改善策として新たに設定されたオプションが「トラックパック」だ。このアップグレードの核となるのは、軽量パーツと新設計のリアウィングである。...
続きを読む »
Official
2016年12月03日 08時00分

アウディの月面探査ローバー、打ち上げを前に最終テストに臨む

アウディは昨年9月、ドイツのPart-Time Scientists(パートタイム・サイエンティスト)と呼ばれるチームと共に月面探査ローバーの製作に取り組んでいると発表した。そして今回、ついに探査ローバー「ルナ・クワトロ」の開発が完了し、月に向かう前の最終テストを残すのみになったという。このプロジェクトには同社の16名のエンジニアが参加しており、安定性を高めるため探査車のタイヤと車体サイズを拡大したとのこと。にも関わらず、重量は38kgから30kgへ軽量化された。...
続きを読む »
Motorsports
2016年12月03日 06時00分

キャデラック、新型プロトタイプ・レースカー「DPi-V.R」で2017年から耐久レースに復帰

キャデラックは来年1月、デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(Dpi)クラスの新型レースカーで、14年ぶりに世界屈指の耐久レースに復帰を果たす。IMSAの新たなDpi規定に基づくこのマシンの車体は、長く、低く、誰もが期待するキャデラックらしさも備えている。ロレックス・デイトナ24時間レースでデビューし、ライバルとなるマツダや日産のマシンとトップを競い合うことになる。米国で開催されるレースとしては、ここ数年で最も多様性に富み、エキサイティングなものになるだろう。...
続きを読む »
Official
2016年12月02日 19時00分

ボルボ、全長30メートルもある世界最大のバスをブラジルで発表

バスと電車を混ぜ合わせたような道路を走る乗り物を想像してほしい。とはいえ、以前ご紹介した中国の道路をまたぐ奇妙な乗り物ではない。ボルボがブラジルのリオデジャネイロで開催された展示会「FetransRio」で、非常に大きな連結型バスを発表したのだ。この新型バス「Gran Artic 300」は、2ヶ所の連結部分で曲がるような構造になっており、1度に300人の乗客を運ぶことが可能だ。...
続きを読む »
Official
2016年12月02日 18時00分

京都のGLM、「トミーカイラZZ」と「GLM G4」を香港で公開

まず言っておきたいのは、我々はこのブルーのカラーリングも翼のように開くドアも気に入っているということだ。先週の11月25〜26日、京都の自動車メーカーであるGLMは、香港の高級ホテル「The Upper House」で自社開発した2台の電気自動車(EV)を公開した。同社は東シナ海一帯に大波を起こそうと考えているようだ。...
続きを読む »
Report
2016年12月02日 15時00分

部外者立ち入り禁止! 富士重工の航空機部品製造現場で職人技を見た

スバル(富士重工業)のルーツが「中島飛行機」という航空機メーカーにあることは有名な話だ。現在は自動車生産をメインとする同社だが、今でも航空機に使われる部品の製造をおこなっていることはスバリストならご存じだろう。 しかし、その工場がメディアに登場することはきわめて少ない。秘密のベールに包まれた現場といっていいだろう。今回、そんな貴重な場所を取材することができたのでお伝えしよう。 足を踏み入れたのは愛知県半田市にある半田工場。同社航空宇宙部門が持つ3か所の拠点のうちのひとつで、「中央翼」と呼ばれる航空機の部品を組み立てている。敷地面積は5900㎡だから、東京ドームにたとえると約1.25個分...
続きを読む »
Official
2016年12月02日 11時00分

ホンダ、洗車機を検知してワイパーの起動を止めるシステムの特許を申請

深夜の通販番組的なフレーズで始まることをお許しいただきたい。洗車機に愛車を通過させる時、ワイパーが自動的に動いて困ったという経験をした方はいないだろうか? そんな方々にホンダが解決策を提供してくれるかもしれない。同社が特許申請したシステムは、クルマが洗車機を通過しているのを認識し、ワイパーの起動を停止するというものだ。主な開発理由としては、ほとんどの全自動洗車機に採用されている回転ブラシもしくは布ブラシに、ワイパーアームが傷つけられないようにするためである。...
続きを読む »
Official
2016年12月02日 10時00分

欧州フォード、新型「フィエスタ」を発表 クロスオーバー風トリムも新登場

ヨーロッパ・フォードは11月29日、新型「フィエスタ STライン」の画像を以下のようにTwitterにアップしたが、続いて残る3つのトリムも発表した。そのうちの1つが、今までのフィエスタにはなかったクロスオーバー風トリム「アクティブ」(上の画像)だ。 ...
続きを読む »
Report
2016年12月02日 07時00分

BMW「i3」、2017年にフェイスリフトを予定?

多くの電気自動車(EV)は次のような道をたどる。第1段階:新型車として華々しく発売。第2段階:バッテリーの容量が増えて航続距離が伸びる。第3段階:内外装がアップデートされる。今年、第2段階まで済ませたBMWの「i3」は、ドイツの日曜版新聞『Welt am Sonntag』によると、来年には次の段階へと進むようだ。...
続きを読む »
Official
2016年12月02日 06時00分

フェラーリ、イタリア中部地震復興支援のために1台だけ増産された「ラ フェラーリ」を公開!

フェラーリのセルジオ・マルキオンネCEOは今年8月、イタリア中部で発生した大地震の被災者を支援するため、499台限定生産のスーパーカー「ラ フェラーリ」を1台増産し、チャリティ・オークションに出品すると発表したが、ついにその姿が公開された。...
続きを読む »
Two Wheels
2016年12月01日 19時00分

【ビデオ】ゼロ・モーターサイクルズ、さらにトルクがアップした電動バイクの2017年ラインアップを発表

電動バイクはトルクが大きいことで知られるが、あなたならそれをどのように改良するだろうか? ゼロ・モーターサイクルズなら、もちろん、もっとトルクを上げるのだ! さらにバッテリーの信頼性を高め、走行距離無制限で安心の5年間バッテリー保証を付け、新しいスマートフォン用アプリからソフトウェアをアップデートできるようにして、ディーラーまで足を運ぶ回数を減らす。...
続きを読む »
Report
2016年12月01日 18時00分

フォード「フォーカス エレクトリック」、2017年モデルは航続距離が51%アップ

フォードは、電気自動車(EV)「フォーカス エレクトリック」の電気モーター音よりもさらに静かに、同車の航続距離が伸びたことを発表した。2017年型モデルには33.5kWhのバッテリーが搭載され、航続距離が115マイル(約185km)に延長されたという。今月27日まで開催されていたLAオートショーで、洞察力の鋭いEV関連の情報サイト『Electrek』とエコカー専門情報サイト『Green Car Reports』が発見したことで、明らかになった。...
続きを読む »
Official
2016年12月01日 11時00分

テスラ、「ソフトウェア8.1」を近日中に配信 新搭載ハードウェアによる「エンハンスト オートパイロット」機能が使用可能に

スマートフォンのアプリは多くが定期的にアップデートされる。最近では具体的な修正内容については何も明記されず、ユーザーは、"バグが修正された"という事実を知るだけだ。どうやらテスラは、スマホのアプリのような「迅速にソフトの機能を向上させる(rapid enhancement)効率的なアプローチ」が気に入ったようで、間もなく同社のオートパイロット・システムも、毎月アップデートされることになるという。...
続きを読む »
Report
2016年12月01日 10時00分

2億9千万円のブガッティ「シロン」を運転していたドライバー、不注意で溝に突っ込む

高い技術を持つ経験豊富なドライバーであっても、たまには集中力を失うことがある。このブガッティのテスト・ドライバーは、ドイツ・ヴォルフスブルクにあるフォルクスワーゲンのテスト施設で、240万ユーロ(約2億9,000万円)の「シロン」を溝に突っ込ませてしまった。...
続きを読む »
Confirmed
2016年12月01日 07時00分

「メルセデスAMG GT C クーペ」は2017年中に登場確定! ムアースCEOが認める

先日のLAオートショー2016で、メルセデスAMGのトビアス・ムアースCEOから話を聞く機会があった。カリスマ的で表情豊かなムアースCEOはまず、新型「E63」セダンと「GT C ロードスター」のさらに磨き上げられたメカニカルなディテールを誇らしげに紹介してくれた。この2台には既にお馴染みの4.0リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンが搭載されている。その後、我々はもっとおいしい話を聞くことが出来た。「メルセデスAMG GT」シリーズに、さらにクールな新しい派生モデルが追加される可能性があるというのだ。 ...
続きを読む »
Official
2016年12月01日 06時00分

欧州で発表された「メルセデスAMG GT ロードスター」の価格を参考に、日本での販売価格を予想!

メルセデス・ベンツは先週、「メルセデスAMG GT ロードスター」と「GT C ロードスター」、そしてさらにワイルドな「GT Rクーペ」の受注を欧州で開始すると発表。それら新型モデルの価格も明らかになった。これを基に、日本での販売価格を予想してみよう。...
続きを読む »
Report
2016年11月30日 19時00分

フランス政府、ディーゼル車販売禁止の意向は変わらず

フランス政府は排気ガスの汚い自動車を締め出すことに迷いはないらしい。実際にパリ市内では7月1日に古い自動車の乗り入れを禁止する条例が施行された。またマニュエル・ヴァルス仏首相は2014年に、ディーゼル車を奨励したことは"失敗"であり、政府はその汚点を"積極的に除去していく"と発言している。そして、フランス政府はルノーやフォルクスワーゲン(VW)が自社製品の排ガスに関してこれ以上回答してこないのなら、両社の新型ディーゼル車も例外なく販売禁止の規制対象にするという。...
続きを読む »
Featured
2016年11月30日 17時00分

【試乗記】テスラ P90D Ludicrous 、そろそろしゃべっても良い気がする(笑):山田弘樹

遠く開けた北陸自動車道の合流。ここぞとばかりにアクセルを強く踏み込むと、不思議な加速感に体中の細胞がじわっと昂揚した。 EVといえば、良く言われるのはその圧倒的なトルク感。内燃機関とは違い、ゼロからいきなりマックストルクを出力できるモーターの特性により、駆動伝達系のロスはあるものの、カタパルト発進のような加速感が得られることをよく取り上げられている。 しかし今回乗った最新版のモデルS「P90D Ludicrous」は、そのアウトプットが洗練されており、相変わらずの圧倒的なトルク感を内包しつつも、その加速が穏やかさに包まれる。聞けばこのモデルはフロントにもマックスパワー262P...
続きを読む »
Report
2016年11月30日 14時30分

メルセデス・ベンツ、荷室の設計には日本の文化を見習った、 新型Eクラス ステーションワゴンを発表!

メルセデス・ベンツ日本は2016年11月29日、新型Eクラス ステーションワゴンを発売した。世界の市販乗用車をリードする勢いで先進技術を満載して登場したEクラスセダン同様に、高速道路や渋滞でドライバーの負担を大幅に軽減する「ドライブパイロット」をはじめとする安全技術を搭載。そのうえで最大1280リッターという広大なラゲッジスペースを備えるのがセダンとの最大の違いだ。 搭載エンジンは標準タイプ(135kW/300Nm)と高出力タイプ(155kW/350Nm)がある2.0L 4気筒ターボ(E200及びE250に搭載)、143kW/400Nmの2.0Lディーゼルターボ(E220d)、3...
続きを読む »
PR
2016年11月30日 13時00分

【PR】新自動車番組『グランド・ツアー』のAmzonプライム・ビデオ独占配信開始を記念して、上映イベントが開催!

ついに待望の自動車番組『グランド・ツアー』が、Amzonプライム・ビデオで独占配信開始となった。この慶びを大勢のファンで一緒に味わおうと、初回エピソードが公開された11月18日、東京都内で上映イベントが開催。会場にはAutoblogの試乗記などでもお馴染みの島下泰久さんと今井優杏さんも駆けつけ、トークショーを行った。...
続きを読む »
Report
2016年11月30日 11時00分

ポルシェ、初の電気自動車「ミッションE」の年間目標販売台数を2万台に設定

ポルシェは、完全電気自動車「ミッションE」が大ヒットになると期待している。ドイツの『Automobilwoche』紙によるインタビューで、オリバー・ブルーメCEOはその年間販売台数について2万台を目指すと発言。これは電気自動車(EV)としてはかなりの数だ。...
続きを読む »
読み込み中

Loading