全米人気No.1の自動車サイト - Autoblog 日本版

注目 の情報 …

最新記事数:13 (過去24時間以内) 閉じる

PR
【PR】憧れの跳ね馬 フェラーリ公認のモデル60台を所有できるチャンス到来

  • PR
    【PR】憧れの跳ね馬 フェラーリ公認のモデル60台を所有できるチャンス到来
  • MSPORTS
    レーシングドライバー 木下隆之 の S耐参戦記、富士9時間耐久レース「スーパーTEC」の巻
  • First Drive
    【試乗記】これぞライトウェイトスポーツの真骨頂!「スズキ SV650 ABS」:青木タカオ
  • MSPORTS
    ニッポンのモータージャーナリストは、がんばっている!? 2016 もてぎENJOY耐久レース 参戦記
Video
2016年09月24日 19時00分

【ビデオ】実際に走行も変形も可能! トルコの会社がBMW「3シリーズ」のトランスフォーマーを製作

ある年齢層の戦隊オタクたちは、コンボイがメガトロンをやっつけるのを初めて目にして以来、30数年の間、自分だけの変形ロボット「トランスフォーマー」を手に入れたいとずっと願っている。そして今、野心あふれるトルコの会社のおかげで、ついにその夢が叶うかもしれない。...
続きを読む »
Green
2016年09月24日 18時00分

テスラ「モデルS」がトヨタ「MIRAI」を抜き、最も航続距離の長いゼロ・エミッション・ビークルと認定

テスラが、航続距離の最も長いゼロ・エミッション車として公式にトヨタを上回った。一方、トヨタは電気自動車による24時間走行距離の世界記録を達成し、巻き返しに出ている。両社ともに限りを尽くした戦いを繰り広げている状態だ。...
続きを読む »
Motorsports
2016年09月24日 17時00分

レーシングドライバー 木下隆之 の S耐参戦記、富士9時間耐久レース「スーパーTEC」の巻

 嬉しい誤算のスーパー耐久第4戦だった。富士9時間耐久レース「スーパーTEC」でいきなりの速さを披露することができたのだ。  その前にまず、ここまでの流れを説明しておこう。2016年のスーパー耐久参戦を企画したのが開幕戦直前である。慌てて準備をしたものの、開幕戦にはマシンが間に合わず断念。第2戦菅生からのエントリーだったのだが、突貫工事でのマシン製作は、とりあえず走るようにしただけ・・という初級段階であり、戦闘力がまったく欠けていた。 <第3戦鈴鹿>  続く第3戦鈴鹿も、菅生からのインターバルがなかったこともあり、ほとんどマシンのアップデートをすることもできずに参戦、首の皮...
続きを読む »
Official
2016年09月24日 15時00分

ジャガー・ランドローバー、「INGENIUM」エンジンのラインアップを拡大、新たに4気筒ガソリン・エンジンを開発

ジャガー・ランドローバーは、現行モデルと今後発売予定の車両に搭載する新開発の「INGENIUM」ガソリン・エンジンを発表した。ジャガー・ランドローバーは、すべてのモデルで排出ガスを削減し、燃費を向上させるという長期的なコミットメントを掲げ、高効率な代替パワートレインの採用、車体の軽量化、車両の省エネルギー化を進めている。 新開発4気筒INGENIUMガソリン・エンジンは、当社が10億ポンド(約1,300億円)を投資し建設・拡張したエンジン・マニュファクチャリング・センターで製造。デザイン、エンジニアリング、マニュファクチャリングはすべて英国で行い、開発するエンジンとしては最先端で、従...
続きを読む »
Official
2016年09月24日 13時00分

スバルテクニカインターナショナル、「SUBARU XV HYBRID tS」を発表し、10月25日より発売

スバルテクニカインターナショナルは、SUBARU XV HYBRID をベースとした特別仕様車「SUBARU XV HYBRID tS」を9月20日に発表し、10月25日より発売する。 「tS」は SUBARU XV HYBRID をベースに足回りを専用チューンし、外装・内装にも専用装備を追加した STI コンプ リートカー。「Enjoy Driving Hybrid」をコンセプトに、「誰がどこで乗っても気持ちがよく、運転が上手くなるクルマ」を目指し、ハンドリングと乗り心地を高度に両立、走りの質感を磨きあげた。 SUBARU XV HYBRID tSの希望小売価格(消費税込み...
続きを読む »
Report
2016年09月24日 11時00分

新型「フォードGT」でも警察からは逃げられない! スピード違反で3台のプロトタイプが捕まる

新型「フォードGT」は速いクルマだ。だが、その速さをもってしても、警察から逃れることはできない。その証拠に、米国コロラド州の路上で、GTのプロトタイプ3台がスピード違反で検挙されたと、米国のニュース・サイト『Vail Daily』が報じている。スーパーカーらしいルックスで人目を引くこの3台は、当局の目にも留まったようで、エイヴォン警察、イーグル郡保安官事務所、コロラド州パトロール隊の連係によってあえなく捕まってしまった。...
続きを読む »
Official
2016年09月24日 10時00分

ベントレー、「ベンテイガ」にトリプルチャージャー付きディーゼル・エンジンを搭載!

フォルクスワーゲン(VW)グループはすっかりディーゼルを諦めた訳ではないようだ。主力ブランドであるVWの評判が失墜する一方で、同グループの超高級ブランド、ベントレーが「ベンテイガ」にブランド初となるディーゼル・エンジンを搭載すると発表した。この"トリプルチャージャー"付き4.0リッターV8直噴ディーゼル・エンジンは、排気で駆動する可変ジオメトリー・シーケンシャル・ツインスクロール・ターボチャージャーと、"第3の過給器"として電動スーパーチャージャーを備え、最高出力435ps/3,750〜5,000rpm、最大トルク91.8kgm/1,000〜3,250rpmを発生する。このパワートレイ...
続きを読む »
Etc
2016年09月24日 07時00分

トヨタ、KDDI、コメダ珈琲店が連携し、日本初の「ながらスマホ運転」防止を図るアプリを展開

2016年秋の交通安全週間(9月21日から9月30日まで)に合わせ、トヨタと通信会社のKDDI、そしてコメダ珈琲店の3社が、スマートフォンのアプリを使った共同プロジェクトを開始した。これは、運転中にスマートフォンの操作を行わないドライバーに、無料でコーヒーを提供するというもの。トヨタの発表によれば、自動車メーカーと通信会社、飲食店企業が連携してアプリを活用した"ながらスマホ運転"防止に取り組むのは日本初とのこと。本サービスは、日本で最も人身事故件数の多い愛知県で実施される。...
続きを読む »
Official
2016年09月24日 06時00分

シトロエン、「C3 WRC」で世界ラリー選手権に復帰!

シトロエン・レーシングがFIA 世界ラリー選手権(WRC)に復帰する。今月20日、同社は新たな参戦車両を予告する「C3 WRC コンセプト」の画像と動画を公開。実車は9月29日に開幕するパリ・モーターショーで発表される。コンセプト・モデルとされているが、2017年から施行されるWRCの新たな車両規定に則したマシンとして開発されており、これに近い車両が2017年1月のモンテカルロ・ラリーで見られるはずだ。そして将来的にはシトロエンからホットハッチが発売されることにつながるかもしれない。...
続きを読む »
Official
2016年09月23日 23時00分

BMW、クリーン・ディーゼル・エンジン搭載の「BMW X1 xDrive18d」を10月1日から販売開始

ビー・エム・ダブリュー(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、昨年10月にBMWのプレミアム・コンパクトSAVの第2世代モデルとして導入した「新型BMW X1」に、新世代4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載した「新型BMW X1 xDrive18d)」を追加し、10月1日より販売を開始すると発表した。...
続きを読む »
Official
2016年09月23日 22時00分

テスラ、ソフトウェア アップデート8.0を発表

テスラモーターズ(本社:米国カリフォルニア州、会長兼CEO:イーロン マスク)は、現在販売中の電気自動車セダン「Model S」と同SUV「Model X」に、インターネット経由で無料で機能を追加更新する「ソフトウェア アップデート8.0」の配信を発表した。世界各国で順次配信され、日本での配信は10月初旬の予定。購入後の車にも無料で新しい機能が追加搭載され、操作性が改善される。 ...
続きを読む »
Official
2016年09月23日 20時00分

日産、銀座に新たな情報発信拠点「NISSAN CROSSING」を9月24日にオープン

日産自動車(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は、9月24日に、ニッサンブランドの発信拠点「NISSAN CROSSING」をオープンする。 全館リニューアルしたGINZA PLACEの1、2階に位置するNISSAN CROSSINGは、新たな銀座のランドマークとし、クルマとヒトと社会との新しい関係を体験できる、『ニッサン インテリジェント モビリティ』の発信拠点で、 最先端テクノロジーを搭載したクルマの展示、センターステージでのプレゼンテーションや、大型タッチスクリーンより様々な情報発信を行う。 ...
続きを読む »
Video
2016年09月23日 19時00分

【ビデオ】オペル、ステーションワゴンの売上促進につながる男性用下着を開発!

我々はこれまでにも多くの変わった広告を目にしてきたが、今回オペルが発表した型破りな宣伝活動は別次元だ。どうやらこのドイツの自動車メーカーは、以前より報じられているデンマーク男性のテストステロン低下が、同国におけるステーションワゴンの売上を阻む可能性があると考えているらしい。では、その解決策とは? 新しい男性用下着だ。...
続きを読む »
Rumormill
2016年09月23日 18時00分

次期型ジープ「ラングラー」は、ボンネットやドアがアルミニウム製に?

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のセルジオ・マルキオンネCEOは、2018年モデルとしてフルモデルチェンジするジープ「ラングラー」に大量のアルミニウムが使用されることを明かしたが、それがどのように使われるかは不明だった。しかし最近、ラングラーについて語り合う『JL Wrangler Forums』に書き込まれた投稿によると、次期型ラングラーはボンネットやドアがアルミ製になるらしいことが、アルミニウム製品メーカーであるアルコアの社内報から判明したという。...
続きを読む »
First Drive
2016年09月23日 17時00分

【試乗記】これぞライトウェイトスポーツの真骨頂!「スズキ SV650 ABS」:青木タカオ

スズキの新型「 SV650 ABS」を筑波サーキット1000でテストライドした。雨上がりのウェッティなコンディションのなか気構えることなくイージーライドができ、軽快なハンドリングとアクセルワークに従順な扱いやすいエンジンが好印象。ワインディングで乗ってもさぞかし楽しいだろうと、期待せずにはいられないスポーティなライドフィールは、Vツインライトウェイトスポーツの魅力を改めて知るキッカケとなった。 「これは気持ちがいい! バイクを意のままに扱える楽しさがある!!」 開発を担当したチーフエンジニア・安井信博氏にそう伝えると、開発から発売に至るまでの経緯を教えてくれた。 ...
続きを読む »
Official
2016年09月23日 11時00分

GM、再生可能エネルギー100%を目指すと表明 ただし目標年は2050年

ゼネラルモーターズ(GM)は、特定の年までに再生可能エネルギー100%で事業運営を目指す企業連合「RE100」への参加を表明した。その誓約は評価できるものだが、随分と長い猶予期間を用意したのではないだろうか。GMの計画では、事業に必要な電力を全て再生可能エネルギーのみによって賄うことを、2050年までに実現するというのだ。つまり、今から34年後ということになる。...
続きを読む »
Video
2016年09月23日 10時00分

【ビデオ】歩行者に微笑みかける自動運転車が登場!

安全性と効率性の向上を目指し、自動運転車の開発は続けられている。しかし、高速で走る2トンのロボットと人間が同じ空間を共有するという考えに、誰もが賛同しているわけではない。特に歩行者にとっては、生か死かの判断を委ねられるドライバーがいないクルマが果たして本当に安全かどうか、知りたいところだ。少なくともドライバーのいるクルマが迫ってきたら、歩行者は道路を横切る前に手を振ったり、うなずいたりすることで、ドライバーに存在や意思を知らせることができるのだから。...
続きを読む »
Official
2016年09月23日 07時00分

約10万円でマイカーが半自動運転車になる装置を、米国のベンチャーが発表

テクノロジー系情報サイト『TechCrunch』がサンフランシスコで9月12日から14日に開催したイベント「TechCrunch Disrupt SF 2016」において、ベンチャー企業のComma.aiを設立した著名ハッカー、"GeoHot"ことジョージ・ホッツが半自動運転化装置「Comma One」を発表した。同氏は、約1年にわたり開発してきたComma Oneを、今年末に999ドル(約10万円)で発売する予定だと語った。この本体価格とは別に、ソフトウェア使用料として月々24ドル(約2,500円)かかるという。...
続きを読む »
Video
2016年09月23日 06時00分

【ビデオ】元F1デザイナーのゴードン・マレー氏も設計に関わった、組み立て式トラックが誕生!

英国の優秀な自動車エンジニアがガレージに集まり、世界中のIKEAの店長がうらやむこと間違いなしの新しいクルマを作り出した。フラットパック(組み立て式)のトラックである。英国の『The Telegraph』紙によると、9月6日にロンドンのチョーク・ファーム近くにある、舞台芸術やコンサート会場として使われている「ラウンドハウス」で行われたイベントで、この大胆な発想の小型トラック「OX」のプロトタイプ2台が公開されたという。主催したのは、トークィル・ノーマン卿によって設立されたチャリティー団体であり、新興国における乗り物に関わる問題を提起しているGlobal Vehicle Trustだ。...
続きを読む »
Featured
2016年09月22日 20時30分

フォルクスワーゲン、マイナーチェンジした「ザ・ビートル」を秋葉原で公開!

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは21日、マイナーチェンジした「ザ・ビートル」を東京・秋葉原で発表。同日より発売した。 2012年の登場以来、4年ぶりに刷新されたザ・ビートルは、安全装備とインフォテインメント装備がアップグレードされ、フロント・バンパーが限定モデル「ザ・ビートル デューン」と似たデザインに変わった。新色2色を含め全8色が揃うボディ・カラーにも、デューンと同じ「サンドストームイエローメタリック」が用意されている。…
続きを読む »
Report
2016年09月22日 18時00分

Uber、デトロイトに新施設を建設予定 自動運転車の実用化に期待

つい先日、米国ペンシルベニア州ピッツバーグで自動運転車の公道走行を開始したUber(ウーバー)社が、今度はミシガン州デトロイトに新しい施設をオープンする計画を発表したと、自動車メディア『Automotive News』が伝えている。これはデトロイトで19日に開催された自動車技術会(SAE)で、同社の「グローバル・ビークル・プログラム」部門バイスプレジデント、シェリフ・マラクビー氏が発表したもの。この新施設を拠点に、地元の自動車会社やサプライヤーとの連携を円滑にすることが目的だ。...
続きを読む »
Motorsports
2016年09月22日 17時00分

ニッポンのモータージャーナリストは、がんばっている!? 2016 もてぎENJOY耐久レース 参戦記

いま日本には、アマチュアドライバーが参加できる耐久レースが沢山ある。その中でも最も大きな規模を誇るのは、軽自動車を対象とした「K4GP」、ノンライセンスレースである「アイドラーズ12時間耐久レース」、そして「もてぎENJOY耐久レース」の3つだと言われている。 さらにその中でも、JAF格式によってより安全性を高めた「もてぎENJOY耐久レース」(通称"JOY耐")に、ボクは今回とっても面白いチームで参戦した。 ​​​​​​ そのチームとは「TOKYO NEW SPEED」(以下TN-S)。第一線で活躍するモータージャーナリスト・石井昌道をリーダーに、同じく若手ジャーナリストである...
続きを読む »
Report
2016年09月22日 10時00分

故ポール・ウォーカー、今後も映画『ワイルド・スピード』シリーズに登場か

2013年にポール・ウォーカーが急逝した後、実弟のケイレブとコディ、さらに2人のボディダブル(背格好がそっくりな代役)が協力し、ポールの顔や声を最新技術で合成して、『ワイルド・スピード SKY MISSION』は完成した。ポールの死から3年を経た今、ケイレブとコディは「ブライアン・オコーナー(『ワイルド・スピード』シリーズでポールが演じたキャラクター)が将来も、シリーズに顔を見せる可能性がある」と、エンタメ情報サイト『ET Online』に明かした。...
続きを読む »
Report
2016年09月22日 08時00分

ミハエル・シューマッハの家族が、虚偽の記事を掲載したとしてドイツの雑誌を提訴

F1界のレジェンド、ミハエル・シューマッハが頭部に重傷を負った悲劇的なスキー中の事故から約2年半が経ったが、彼は今でも歩くことができない。米国のスポーツ専門メディア『NBC Sports』が報じたところによると、シューマッハ家の弁護士フェリックス・ダム氏はドイツで行われた裁判の冒頭で、シューマッハの容体をそう語ったという。シューマッハの家族は現在、シューマッハに関する虚偽の報道を行ったドイツの芸能雑誌『Bunte(ブンテ)』を提訴中だ。...
続きを読む »
Official
2016年09月22日 06時00分

サリーン、スーパーカー「S7」の再生産を発表! 最高出力は1,000馬力に

2000年から2009年まで生産されていたサリーン「S7」は、ミッドシップ・エンジンの"ビースト"と呼ぶに相応しいクルマだ。創設者のスティーブ・サリーン氏が語るように、S7は「米国で唯一の本物のスーパーカー」だった。そして今、サリーン・ファンにとって朗報が舞い込んできた。あのS7が帰って来るという。...
続きを読む »
Official
2016年09月21日 21時00分

ジャガー、試乗体験イベント「THE ART OF PERFORMANCE TOUR」に錦織圭選手が日本人初挑戦

ジャガー・ランドローバー・ジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン)は、ジャガーがグローバルで展開する試乗体験イベント「THE ART OF PERFORMANCE TOUR」を9月21日から23日の期間、東京・お台場特設コース(東京都江東区青海2丁目1)で日本初開催している。 ...
続きを読む »
Official
2016年09月21日 20時30分

レクサス、GSに2.0L直噴ターボエンジン搭載のGS200tを追加し発売

LEXUSは、GSに2.0L直噴ターボエンジン搭載のGS200tを追加設定し、LEXUS"F"モデルの4ドアスポーツセダンGS Fも一部改良を行い発売した。 2014年のNX200t投入以降LEXUSは、2.0L直噴ターボエンジン搭載車を拡充してきた。今回、グランドツーリングセダンGSにも2.0L直噴ターボエンジン設定し、LEXUSのターボエンジン搭載車の更なる充実を図りGSの走りを強化する。 一部改良として、GS200tとGS350の"F SPORT"にトルセン®LSDを設定し、スポーツ走行性能を向上させ、外板色にはダークグレーマイカを新たに加えた全11色を設定した。 ...
続きを読む »
Official
2016年09月21日 19時30分

大型二輪車モデルの新しいグローバルコミュニケーションサイト「Honda Moto 2017」を開設

 Hondaは、今秋に発表予定の2017年に発売する大型二輪車モデルの新しいグローバルコミュニケーションサイト「Honda Moto 2017」を開設した。  新たに解説されたコミュニケーションサイト「Honda Moto 2017」では、2017年に登場するモデルの中から6モデルに着目し、個々のバイクのキャラクターを象徴する主人公を通じて、そのモデルの持つ世界観をユニークな短編ドラマ仕立てで紹介する。  二輪車のあるライフスタイルを提案することで、ユーザーに製品のより具体的なイメージを持たせることにより、Honda二輪ブランドの向上を図っていくことが目的だ。  Honda Moto...
続きを読む »
Official
2016年09月21日 19時00分

アストンマーティン、2018年春に発表する「DB11 ヴォランテ」のティーザー画像を公開!

アストンマーティンの大きな期待を背負う新型モデル「DB11」。アンディ・パーマーCEOは、このクルマの事を同社がここ数年の間に発表してきた中で最も重要なモデルと呼んでいる。我々の試乗記では、この新型クーペが同ブランドの2世紀目に踏み出す大きな第一歩になると表現した。だから、アストンマーティンがDB11に「ヴォランテ」と伝統的に呼ばれるコンバーチブルを開発中と聞いても、驚きはない。 ...
続きを読む »
読み込み中

Loading