全米人気No.1の自動車サイト - Autoblog 日本版

注目 の情報 …

最新記事数:12 (過去24時間以内) 閉じる

First Drive
【試乗記】スズキ SWIFT、良い意味でヤンチャ魂が失われていないのが嬉しい:木下隆之

  • First Drive
    【試乗記】スズキ SWIFT、良い意味でヤンチャ魂が失われていないのが嬉しい:木下隆之
  • Featured
    【試乗記】ポルシェ、「マカンGTS 」を買う時に「S」と「GTS」で迷うなら、ステイタスだけで「GTS」を選ばない方がよい :山田弘樹
  • First Drive
    【試乗記】Honda CRF250RALLY 高速道路を使ってダートエリアへ! そんな使い方が自然と想像できる:青木タカオ
  • Featured
    【試乗記】日産 「ノートe-POWER」スケートリンクのような超低ミュー路面でも、EVモーター駆動の大きなメリットを感じた:木下隆之
Official
2017年02月27日 23時00分

日本グッドイヤー、「EAGLE F1 ASYMMETRIC 3」 ポルシェ新型パナメーラに標準装着

日本グッドイヤー(代表取締役社長 金原雄次郎)は2月1日よりリプレイス市場向けに発売開始した、ウルトラハイパフォーマンス「EAGLE F1 ASYMMETRIC 3」が、ポルシェ新型パナメーラに採用されたことを発表した。 ポルシェの技術承認を取得した「EAGLE F1 ASYMMETRIC 3」は、欧州グッドイヤーで開発された高性能タイヤEAGLE F1 ASYMMETRICシリーズの3代目で、シリーズはこれまでポルシェをはじめ、メルセデスベンツ、BMW、AUDI、ジャガー等、数多くのハイパフォーマンスカーに採用されている。初代パナメーラにはEAGLE F1 ASYMMETRICが採用さ...
続きを読む »
Motorsports
2017年02月27日 22時00分

スーパーバイク世界選手権が開幕! ジョナサン・レイがダブルウイン、今年もKAWASAKIがイケイケか?

 スーパーバイク世界選手権(以下SBK)が先週末開幕した。第一戦が行われたのは、オーストラリアのフィリップアイランド。結果を先に言ってしまうと、昨年、一昨年前のチャンピオンである、カワサキのジョナサン・レイが1、2レース共に制覇するダブルウィンという結果となった(写真は2016年シーズンより)。  SBKとは、市販車をベースに、レース用に規定内でモディファイして参戦する、各メーカーのフラッグシップ機が鎬を削り合っている世界最高峰のプロダクションレースだ。ヨーロッパを中心に、今年は13レースが行われ、毎レース土曜日と日曜日に決勝が行われる2ヒート性となっている。  参戦マ...
続きを読む »
Official
2017年02月27日 20時30分

ホンダ、インドネシアで四輪車生産累計100万台を達成

 ホンダのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(HPM)は、四輪車の生産累計台数が100万台に達したことを記念し、2月27日、西ジャワ州カラワンにある工場で式典を行った。  HPMは、2003年2月に「ストリーム」をカラワン工場で生産を開始。その後インドネシアでの自動車需要の高まりを受け2014年1月より第二工場を稼働し、現在の年間20万台へと生産能力を拡大した。国内向け7機種の完成車の生産に加えて、近年カラワン工場はホンダの四輪部品のグローバル生産・供給拠点として重要な役割を担い、四輪部品を近隣ASEAN諸国はもとより、日本、...
続きを読む »
Geneva
2017年02月27日 10時00分

ゲンバラ、ポルシェ「911ターボ」をワイルドにチューンした「アヴァランシェ」をジュネーブ・モーターショーに出展

現行のポルシェ「911ターボ」は決してパワーが少ないとは言えない。最高出力540ps(高性能版ターボSなら580ps)で全輪駆動、文句なしに地上最速のクルマの1つだ。だがドイツの名門チューナーであるゲンバラにとっては物足りなかったらしい。同社が製作した最新モデル、3代目「アヴァランシェ」では、水平対向6気筒ターボ・エンジンの最高出力が808hp、最大トルクは950Nmにまでチューンされているのだ。さらにパープルに輝くボディには、人が住めそうなほど巨大な3段重ねのリアウイングが装備されている。...
続きを読む »
Official
2017年02月27日 06時00分

トヨタの「MIRAI」に続く燃料電池車はコレ!! メリットいっぱいの「トヨタ FCバス」を都バスから実用化開始!!

トヨタは、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(以下、FCバス)を、東京都交通局へ納車した。今回納車した「トヨタFCバス」は、3月に納車予定の2台目と合わせ、3月より東京都営バスとして運行される予定となっている。 トヨタは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京を中心に100台以上のFCバス導入を予定しているとのこと。…
続きを読む »
Featured
2017年02月26日 21時00分

ボルボ、高い安全性とスカンジナビア・デザインが魅力的な新型「S90」「V90」「V90 クロスカントリー」を日本に導入

ボルボ・カー・ジャパンは22日、新型フラッグシップ・セダン「S90」とステーションワゴン「V90」、そのクロスオーバー「V90 クロスカントリー」の日本導入を発表。同日より販売開始した。 昨年発売された「XC90」に続き、ボルボの新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)」と新世代パワートレイン「DRIVE-E」を採用するこれら3車種の90シリーズは、それぞれ従来の「S80」「V70」「V70 クロスカントリー」の後継となる。ボルボでは、2020年までに同社のクルマによる交通事故の死亡者や重傷者をゼロにする「Vision 2020」という目標を掲げているが、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長によれば、今回発売された90シリーズは、まさにその2020年になっても継続生産されるモデルであるという。…
続きを読む »
Etc
2017年02月26日 19時00分

ダッジ最後の古典的セダン「ディプロマット」を廃車置場で発見

「ダッジ ヴァイパー」や「プリムス プラウラー」、そして三菱から受け継いだ全輪駆動車を除けば、クライスラーのクルマは1990年型から全て前輪駆動となり、それは今世紀に入るまで続いた。1980年代に販売された最後の後輪駆動車はダッジ「ディプロマット」(そして姉妹車のプリムス「グランフューリー」とクライスラー「フィフスアベニュー」)だが、80年代から90年代になっても、米国の警察車両と言えばこのクルマであった。最近ではあまり見掛けることもないが、筆者は先日、地元コロラド州デンバーにあるセルフサービスの廃車置場で、高級自家用仕様として販売されていた「サロン」バージョンのディプロマットを発見し...
続きを読む »
Official
2017年02月26日 10時00分

イタルデザイン、限定5台のみが販売されるスーパーカーの画像を公開

イタリアのデザインハウスとして知られるイタルデザインは先日、コレクター向けに少量生産を行う新ブランド「イタルデザイン・アウトモビリ・スペチアリ」の設立を発表したが、画像のクレイジーなミッドエンジンのスーパーカーがその第1号となる。実際に買えるクルマというよりは、イタルデザインがこれまでに生み出した優れたエアロダイナミック・デザインを見せつけるためのディスプレイといった趣だが、2017年末までに5台が販売される予定だという。...
続きを読む »
Official
2017年02月26日 06時00分

12万円の流木(!?)から2,000万円の岩(!!)まで 日産の「XTREME COLLECTION」で価値ある商品を、地の果てからお取り寄せ!!

日産は、期間限定で開設した「NISSAN XTREME COLLECTION」で、2月21日より、 本企画最後の商品となる「激流産 アルプスの流木木材」の発売を開始した。 本商品は、 プロのカヤックライダーが北アルプス上流を下りながら命がけで探し出し、 一点一点選び抜いて届けてくれるという珍品。 長い歳月をかけて形作られた激流によるデザインは一見の価値ありとのこと。 世界に1つしか存在しない天然の傑作ということで、なんと販売価格は12万円(送料・税込)だ。…
続きを読む »
First Drive
2017年02月25日 17時00分

【試乗記】Honda CRF250RALLY 高速道路を使ってダートエリアへ! そんな使い方が自然と想像できる:青木タカオ

足の長い堂々たる車格、ラリーマシンにそっくりなスタイル・・・、文句ナシにカッコイイ! そんな、バイクファンには堪らない1台がデビューした。CRF250RALLY(ラリー)だ。 一番最初に姿を見せたのは、2015年春のモーターサイクルショー。参考出展車として展示されるや否や大反響となり、翌年には市販化を見据えたプロトタイプとして再登場。昨秋のEICMA2016(イタリア・ミラノ国際見本市)にて欧州仕様車が発表され、ついに2月20日、待望の国内販売がスタートとなった。 今回、一般道、ワインディング、高速道路、林道およびダートエリアと、CRF250RALLYが想定する各ステ...
続きを読む »
Official
2017年02月25日 10時00分

アキュラ、新型「NSX」購入者のために工場見学ツアーを開催

アキュラは20日、新型「NSX」の購入者を対象に、オハイオ州メアリズビルにある「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)」で同車の製造過程を見学できる「NSX インサイダー・エクスペリエンス」を提供すると発表した。参加料は2,787ドル(約31万円)からとなっており、PMCの見学ツアーに加え、ホンダ・ヘリテージ・センター・ミュージアムも訪ねることができる。こちらでは小型ビジネスジェット機「Hondajet」や、ホンダの有名な人型ロボット「ASIMO」が展示されているほか、ホンダの歴史を紹介している。見学ツアーの参加者は製造ラインの従業員と組み立ての工程について会話す...
続きを読む »
First Drive
2017年02月24日 17時00分

【試乗記】スズキ SWIFT、良い意味でヤンチャ魂が失われていないのが嬉しい:木下隆之

 フロントノーズが攻撃的な造形になり、ボンネットが伸ばされたような気がする。それは錯覚なのかもしれないけれど、新型スイフトはやや伸びやかな印象を受ける。  だが、全長は10mm短くなっているという。だがそうは感じさせない。  とはいえ、大地を踏ん張るようにタイヤが四隅の配置され、スクエアなシルエットを残す新型スイフトは、伸びやかな印象を強めながらも、やはりどこからどう眺めてもスイフトそのものだった。  その魂も、スイフトそのままである。僕ら走り派から絶大な支持を受けてきた「スイフトスポーツ」はまだラインナップされておらず、今後の誕生を待つ必要がありそうだ...
続きを読む »
Official
2017年02月24日 10時00分

新型シボレー「カマロ ZL1」、30年前のフェラーリ「F40」に匹敵する最高速度を記録

シボレーの新型「カマロ ZL1」が、これまでゼネラルモーターズ(GM)の工場から送り出された「カマロ」の中で最速のクルマになることは既に周知の通りだが、198mph(318km/h)という最高速度は世界中の名高いスポーツカーと比べても決して引けを取らない。この数値は先日、ドイツ・パーペンブルクにあるATP(Automotive Testing Papenburg)の全長7.6マイル(12.3km)の高速オーバルトラックで記録されたもの。同じ最高出力650hpの6.2リッターV8スーパーチャージャー付エンジンを搭載する現行型のシボレー「コルベット Z06」さえも凌ぐ速さだ。 ...
続きを読む »
Official
2017年02月23日 20時30分

ルノー、青い海をイメージした日本限定車「ルノー カングー クルール」を3月2日発売

 ルノー・ジャポン (所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大極 司)は、 南フランスの地中海に面した港町マルセイユから見渡す、多くの芸術家をも魅了した青い海をイメージした限定車「ルノー カングー クルール」を、3月2日から販売する。  ルノー カングーは、広い室内空間と高い機能性から、欧州では LUDOSPACE(遊びの空間)と呼ばれて親しまれている。随所に散りばめられた遊び心のあるデザインや、機能的で使い勝手に優れたユーティリティー、広くて高い開放的な室内空間、大容量のラゲッジ スペースなど、ルノー カングーにはたくさんの工夫が凝らされ...
続きを読む »
Official
2017年02月23日 17時00分

マセラティ、ディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」を3月に発売

 マセラティ ジャパン (代表取締役:グイド ジョバネッリ、本社:東京都港区)は、昨年発売を開始したマセラティ初のSUVレヴァンテにディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」(右ハンドル)を発売する。マセラティは、ディーゼルモデルを2013年にヨーロッパで発表、日本では 2016年3月に「マセラティ ギブリ ディーゼル」を導入し、ディーゼルエンジンならではの環境性能を実現するディーゼルエンジンとして高く評価されている。  最新のディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディ...
続きを読む »
Official
2017年02月23日 15時30分

BMW Motorrad、新型「BMW R nineT」発表し、2月24日より販売開始

ビー・エム・ダブリュー(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、BMW Motorradのヘリテイジセグメントの主力モデルである「BMW R nineT」2017年モデルの販売を開始すると発表した。 BMW R nineTは、BMW Motorrad 90年以上の歴史を凝縮したモデルであり、伝統的な水平対向2気筒エンジンを搭載したヘリテイジセグメントの主力モデル。 新型 R nineTは、スプリングプリロード、コンプレッション、リバウンドが調整可能なアジャスタブル倒立フォークを採用。さらにステアリングヘッドアングルを64.5°から63.2°...
続きを読む »
Official
2017年02月23日 14時30分

MINI、プレミアム・コンパクト・セグメントSAV「新型MINIクロスオーバー」発表

 ビー・エム・ダブリュー(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、MINI初となるプレミアム・コンパクト・セグメントSAV「新型MINIクロスオーバー」を、販売開始すると発表した。納車開始は、本年3月2日のミニの日を予定。  今回のフルモデル・チェンジは、デザインの刷新、質感をいっそう向上させた素材の採用、このセグメントに相応しいインテリア・スペースの拡大、機能性の向上により、MINI初のプレミアム・コンパクトSAVとして生まれ変わっている。  MINIクロスオーバーは、2011年にMINIの4番目のモデルとして、それまでのMINIモデル・ラインアップから...
続きを読む »
Official
2017年02月23日 10時00分

ロータス、ある顧客がジェームズ・ボンドの初代「エスプリ」のイメージでオーダーした「エヴォーラ」を公開

1人のエンスージアストがロータスにとてもクールな装いの「エヴォーラ」を注文した。ジェームズ・ボンドの映画『007/私を愛したスパイ』に登場した初代「エスプリ」のイメージを、最新の「エヴォーラ 410」に投影させたのだ。これは自分好みの塗装やグラフィックス、ボディワーク、インテリアでクルマをカスタマイズできる「ロータス・エクスクルーシブ」プログラムを通して、ある顧客がオーダーしたワンオフ・モデルである。...
続きを読む »
Official
2017年02月22日 22時00分

「Fiat 500X Safety Package」限定150台発売

 FCAジャパン(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、フィアット・ブランドのスモールSUV「フィアット500X」の限定車「フィアット500Xセーフティパッケージ」を計150台、3月4日より販売開始する。  フィアット500Xセーフティパッケージの特徴は、ベースモデルでは搭載されていない安全装備を全て(フィアット500Xで設定のもの)搭載。前面衝突警報、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、リアパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロール、計5つの安全装備を備え、ベースモデルより108,000円高とした。アダプティブクルーズコント...
続きを読む »
Official
2017年02月22日 21時00分

ヤマハ発動機、先行デザイン研究拠点「ヤマハモーター イノベーションセンター」の落成式を実施

 ヤマハ発動機は、グループにおけるデザイン司令塔として、製品デザイン開発と新たなイノベーションを生み出す先行デザイン研究拠点「ヤマハモーター イノベーションセンター」の落成式を22日実施した。  「ヤマハモーター イノベーションセンター」は、2016年12月に竣工、5階建て、延床面積8,634平方メートルの建屋で、オープンイノベーションを推進する開放的な空間レイアウトを採用、開発面では、原寸モデルを用いたリアルなデザインとデジタルを活用したバーチャルなデザインを可能にするインフラとソフトを整備している。  施設は、さまざまなデザイン創作に対応する広いクレイ(粘土によ...
続きを読む »
Official
2017年02月22日 20時00分

トヨタとシェルが共同で水素ステーションを建設

 トヨタとシェルは、燃料電池自動車の普及に向け、米国カリフォルニア州における水素ステーション網の拡充で協力する。現地2月17日、カリフォルニアエネルギー委員会(California Energy Commission)が、補助金交付先提案書(NOPA)を公表。シェルは既存ガソリンスタンド7か所への水素充填設備導入を進め、カリフォルニア州エネルギー委員会は、州が現在の25か所から2024年までに100の水素ステーションの目標に達するのを助けるため、合計16,362,500米ドルの補助金が正式承認に向け提案された。今回のNOPAは、低炭素燃料・技術の更なる普及に向けた同州での様々な取り組みにお...
続きを読む »
Official
2017年02月22日 19時00分

ランドローバー、RANGE ROVERファミリーに追加する新型モデル「RANGE ROVER VELAR」の画像を公開

ランドローバーは、RANGE ROVERファミリーに新たに追加する新型モデルの名称と画像を公開した。新型モデルの名称は「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー・ヴェラール)」で、3月1日に行われるワールドプレミアで詳細を発表予定している。  新型「RANGE ROVER VELAR」は、エレガントでありながらシンプルなデザイン、視覚的に無駄のないすっきりとしたアプローチ、利便性を高める革新的なテクノロジーが特徴。  ラグジュアリーSUVの歴史は、ランドローバーが初代「RANGE ROVER」を発表した1970年から始まり、それから約半世紀が経過した今もなお衰えないイ...
続きを読む »
Official
2017年02月22日 18時00分

スバル 2017年型インプレッサ、米国IIHSの2017年安全評価で最高評価「トップセイフティピック(TSP)+」を獲得

 北米地区で現在販売されているスバルの2017年型インプレッサ(アイサイト装着車)が、IIHS(道路安全保険協会)が行う最新の2017年の安全性評価において、最高評価の「トップセイフティピック+」を獲得した。全面改良モデルとなる2017年型インプレッサはセダン・5ドアモデルともに、要求される全ての耐衝撃性能試験において最高評価「Good」を、前面衝突予防性能試験においても最高評価「Superior」を獲得。新規導入されたヘッドライト性能試験においても最高評価「Good」を獲得し、チャイルドシート取り付け性評価においても最高評価「Good+」を獲得、小型車として唯一、IIHSの全評価項目で最...
続きを読む »
読み込み中

Loading