8歳の男の子がYouTubeで自動車の運転を学び、妹を連れてマクドナルドまでドライブ
米国オハイオ州の小さな町が騒然となっている。ある冒険心の強い少年が、チーズバーガーを食べたくて、YouTubeで自動車の運転の仕方を学び、妹を連れてマクドナルドまで運転して行ったのだ。

Weirton Daily Times」紙によると、4月9日(現地時間)の夜、オハイオ州イースト・パレスティーンの警察署に、複数の心配した市民から、小さな男の子が町の中でミニバンを運転していると通報があった。そこでジャコブ・ケーラー巡査が問題のミニバンを探し出し、地元のマクドナルドへ行ってみると、犯人はわずか8歳の男の子だった。

一体どうやって、そしてなぜマクドナルドまで運転してきたのか尋ねると、男の子は、チーズバーガーが食べたかったが、両親が就寝中だったと答えた。そこで、彼はYouTubeで自動車の運転方法を紹介する動画を視聴し、父親のクルマの鍵を握り、自分のブタの貯金箱からお金を取り出し、4歳の妹をファミリーバンに乗せ、マクドナルドに向けて出発。マクドナルドまでのおよそ1マイル半(約2.4km)の道中、少年は道路交通法をきちんと守り、赤信号では停車し、何もぶつけなかったという。

マクドナルドに無事辿り着くと、彼は他の大人と同じようにドライブスルーでクルマを止め、自分の分のチーズバーガーと妹の分のチキンナゲットとフライドポテトを注文した。マクドナルドの従業員はそれを見たとき、テレビのドッキリ番組だと思ったという。

「スタッフは両親が後部座席にいると思ったようですが、明らかに誰もいませんでした」とケーラー氏は同紙に語っている。

幸運にも、この話は何とかハッピー・エンディングを迎えることができた。子供たちは夜食のスナックを手に入れ、誰一人怪我を負わず、そして誰も処罰されることはなかったという。


By Jason Marker
翻訳:日本映像翻訳アカデミー